植物性

プラセンタの効果でアンチエイジング

女性はいつまでもきれいでいたいと思うのではないでしょうか。
20代のころは何をしていても、きれいな肌や健康的な体を保つことができていました。
しかし、30代に入るとだんだん体の老化現象を感じるようになります。

同じような生活をしていてもお肌の調子が不安定だったり、不規則な生活を送るとすぐに肌に影響が出てしまったりしてしまいます。
特に気になるのが、シワやたるみです。
シワやたるみはいろんな原因から起きてしまう、老化現象の一つです。

年をとっているのだから仕方ないとあきらめてしまう人もいるかもしれません。
しかし今の時代はお手入れの仕方によっては、老化現象を遅らせることは十分可能です。
しかも手軽に行うことができるアンチエイジングも多いです。

そんなアンチエイジングに効果的なものの一つに、プラセンタという成分があります。
プラセンタは、胎盤という意味があり、成長因子の働きが特徴といえます。
成長因子の働きによって、アンチエイジングに欠かせない肌のハリや潤いを手に入れることができます。

お肌の老化現象は、シミやシワ、たるみなどがあげられます。
これらは、肌の表面の乾燥や肌の内側の真皮の栄養素が不十分なことで起きてしまいます。
シミに関しては、メラニン色素が沈着してしまうことで起きてしまいます。

プラセンタには、メラニン色素を体外に除去する働きがあり、さらにメラニン色素を発生させないように抑制する働きもあります。
なのでシミに対してとても効果的だといえます。
そして、ただの乾燥に関しては、プラセンタの保湿効果があります。

乾燥を防ぐことで、目じりなどの小じわなどを防止することができます。
化粧品などにもプラセンタが含まれているものもあるので、そういったものを積極的に使用するといいでしょう。
そして最大の効果としては、肌の真皮に働きかけるということが可能だということです。

肌の真皮には、ヒアルロン酸やコラーゲンが形成されています。
これらの成分が不足してしまうと、深いシワの原因となりたるみにもつながります。
真皮の細胞がプラセンタの成長因子によって活発に働き、肌の内側の栄養素が豊富になります。
すると内側からハリを感じるようになり深いシワの改善やお肌のハリにつながります。
このようにプラセンタにはとても魅力的なアンチエイジング効果が期待できます。

このページの先頭へ