植物性

プラセンタは本当に安全か

多くの美容成分が開発されている中で、今多くの人に支持されているのがプラセンタです。
この成分の摂取方法にはいろんな手段があり、手軽に摂取できるものから医療機関での診察が必要なものまで様々です。
摂取方法によって成分内容も異なるのも特徴の一つです。

プラセンタという言葉はよく聞きますが、具体的にはどのようなものか知らない人もいるでしょう。
日本語で胎盤という意味があり、受精卵が赤ちゃんになるまでに、必要な栄養素をつくり出すために重要な役割をしています。

さらにヒトプラセンタや豚、馬などの動物性、植物性など様々な種類があります。
人間の胎盤でも抵抗感を感じる人もいれば、人間以外の動物の胎盤を摂取するということに不安を感じる人もいるでしょう。

そこでこの胎盤は本当に安全に摂取できるものなのでしょうか?

以前は牛プラセンタを扱っていましたが、狂牛病が問題になってから危険と判断され使用されなくなりました。
そのほかには、ヒトプラセンタは医療機関でしか扱うことができません。
なので、ヒトタイプは多くの検査をクリアして健康な女性の胎盤だけを使用しているのでとても安全です。

またそのほかの動物性に関しても安全性が保障されています。
豚プラセンタに関しては、SPF豚といって無菌状態の豚から摂取したものを使用しています。
SPF豚とは、サルモネラ菌やマイコプラズマ肺炎などの指定の病原菌を最初から持っていない部健康的な豚のことを指します。

これらの豚を育て上げるためには、衛生的に高い技術を持って管理されていなければ難しいとされています。
なのでとても安全性が高いプラセンタといわれています。
おなじく馬プラセンタに関しても、人間の胎盤に一番近い組織で形成されています。

なので人間の体にはとても効果が高いことで知られています。
さらに馬の中でもサラブレットのものを使用することで、より品質がよく飼育環境が整っているので安心して摂取することができます。
また厚生労働省の認可も得ているので、国が保証しているという面でも安心できる要因だといえます。

そのプラセンタにおいても美容効果は期待できますが、決められた摂取量を守る事がとても重要になります。
適量以外の摂取量を摂取してしまうと、逆にニキビが増えるなどのトラブルも報告されています。
なので使用の際には、用法用量を守って摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ