植物性

プラセンタ注射をやっている病院

プラセンタは美容効果が高いと評判の成分です。
この「プラセンタ」という言葉をよく耳にしますが、どのようなものなのか説明できる人はどれぐらいいるのでしょうか。
サプリメントなどに使用されている成分は、このサプリメントを飲んだ時の効果、改善ばかりを気にして選んでいる人が多いです。

どのような成分からできていて、原材料はどれがいいのか、一日の必要な摂取量を知らないという人もいます。
本来は自分で原材料や摂取方法なども確認してから購入しなくてはいけません。
プラセンタの原材料は哺乳類の胎盤です。

胎盤と聞くと抵抗感を感じる人が多いでしょう。
そんな胎盤がここまで注目されたのには、成長因子の働きが大きいからです。
胎盤を通じて母体から栄養素を吸収し、短期間で赤ちゃんへと成長していきます。

胎内での一日の成長はすさまじく、胎盤でなければここまで成長はできないとも言われています。
プラセンタには、ヒトタイプや馬、羊、豚など多くの種類があります。
摂取方法によって原材料となるプラセンタが異なります。

そのなかでもヒトプラセンタは、医療機関でしか摂取することができません。
気になる部分に対して、プラセンタ注射を用いて行う方法です。
点滴で入れる方法や筋肉注射などがあります。

肌のアンチエイジングのために、お顔に注射する人や肩こりの症状緩和のために肩に注射する人もいます。
このようなプラセンタ注射を行っている病院は、美容クリニックなどが多いようです。
美容皮膚科などでも摂取することができます。

また、この成分は更年期障害に対しても効果があることが分かっています。
そのため、産婦人科クリニックや個人医院でも摂取できる場合があります。
そのほかにも肝臓の細胞の活性化に効果があるので、病院で摂取することも可能です。
これらのことからプラセンタを摂取する目的に応じで、美容クリニック、産婦人科、総合病院などから選択するようにしましょう。

このページの先頭へ