植物性

プラセンタでがんが治る?

今日本人の死因の第1位はガンです。
テレビなどで有名人がなくなったニュースを聞くと、ほとんどの人がガンを患っていた場合が多いです。
また身近な人でも若年層や高齢者まで幅広い年代に発症してしまうのがガンの恐ろしいところです。

今では4人に一人はガンになるといわれています。
そしてガンを発症した人の3人に1人はなくなってしまうという恐ろしい病気です。
がんでなくなる人が多い理由は大きく分けて二つあります。

まず一つ目は、ガンの初期症状に気づかず、どんどんガンが進行してしまうということです。
がんの初期症状は、風邪や些細な体調の悪さぐらいしかないものがほとんどです。
中には初期症状が全くないガンもあるほどです。

なので体に異変を感じたころには、かなり進行してしまっていて治療ができないケースもあります。
もう一つの理由は、毎日の生活習慣から誰もががんになりやすいということです。
がンになる要因の9割は、体内にたまる活性酸素が原因です。

この活性酸素は偏った食生活、不規則な生活習慣、過剰なストレスなど誰もが抱えやすいものです。
そんなガンに効果的な成分として注目されているのが、プラセンタです。
プラセンタには、ガンの原因といわれる活性酸素を除去する働きがあります。

なのでがん細胞の増殖を抑えることができます。
さらにプラセンタには、ガン細胞を攻撃してくれる、NK細胞を増殖させることもできます。
NK細胞が増えることで体の免疫力が上がる効果もあります。

これらの効果によってプラセンタでがんは治るのではと思っている人もいます。
しかしデーターとして検証例も少ないため、はっきり言い切れないのが現状です。
ただしがんに効果がるということは、多くの事例があげられています。

中でも女性特有の乳がんや子宮がんには効果が高く、予防にもつながることが分かっています。
女性特有のがんは女性ホルモンが減少することで発症してしまいます。
プラセンタには女性ホルモンを整える効果があるので有効的だといわれています。
プラセンタ療法の一つががん予防や、がん対策で使用できるということを知っておくといいでしょう。

このページの先頭へ