植物性

プラセンタが、がんを悪化させないか

今多くのサプリメントが発売されています。
そのサプリメントの中には、特定のものに効果があるものから、体全体的に効果がるものもあります。
そんな多くのサプリメントの中で注目されているのが、プラセンタです。

プラセンタというと美容に効果がるイメージで、女性の愛用者が多いと思いがちです。
実際需要は女性の方が多いですが、実は美容以外でも体にいい効果がたくさんあります。
体にいい効果の一つとして、ガンの抑制や予防に効果がることが分かっています。

今ガンは4人に1人はガンになってしまう時代です。
そして日本人の死亡原因の第一位もガンです。
ガンは初期症状が単なる風邪や体のだるさなど、些細なことが多いです。

そのため、ガンがどんどん進行してしまう人が多いです。
体の異変に気づくころには、余命を告げられてしまう人も多いです。
ガンは早期発見ができれば、完治できる病気です。

なのでガンの早期発見とともに、ガンの細胞の増加を抑制したり、ガン予防を積極的に行うことが重要です。
そこで活躍するのが、プラセンタです。
ガン細胞が生まれる原因のほとんどは、体内にたまる活性酸素が細胞を破壊してガンが生まれてしまいます。

プラセンタは活性酸素を除去する働きがあります。
なのでガン細胞を発生しにくくする働きがあります。
そしてもう一つ大きな役割が、NK細胞を増殖する効果があることです。

NK細胞は体の免疫細胞の一種で、ガン細胞を攻撃する働きがあります。
その細胞を体内に増やすことで、ガン細胞の増殖を防ぎ撃退することができます。
最後にガンの中でも、より効果を発揮しているのが女性特有のがんです。

具体的には、乳癌や子宮がんなどがあげられます。
プラセンタには、ホルモンバランスを保つ働きがあります。
これらの女性特有のがんは女性ホルモンのバランスが崩れることで発生し、症状が悪化していきます。

なのでホルモンバランスを整えてあげることで、ガンの進行を抑制することができます。
またガンによる痛みなどの緩和にもつながります。
病院によってはプラセンタ療法を治療の一つとして選択することができる病院もあります。

このページの先頭へ