植物性

プラセンタは副作用はあるの?

今美容成分の摂取の方法が様々あります。
いろんな成分を摂取することができるようになり、いつまでもきれいでいたい女性にとっては強い味方だといえます。
一度に多くの美容成分を摂取する人は少なく、一番体に合ったものを選び継続的に使用する事が一番いい方法といえます。

数多くの成分の中で注目されているのが、プラセンタという美容成分です。
プラセンタは、日本語で胎盤という意味があります。
人間は受精卵から赤ちゃんに成長するまでに子宮の中で10ヶ月間過ごします。

その間に赤ちゃんの成長に必要な栄養素を母体から吸収するために重要な役割をしているのが、胎盤です。
胎盤には成長因子が含まれていて、細胞分裂を活発にさせる働きがあります。
プラセンタが胎盤と聞くと、生々しく感じで摂取しても安心なのかと不安に感じる人もいるでしょう。

プラセンタには種類があり、ヒトタイプ、馬タイプ、豚タイプなどがあります。
ヒトタイプでも不安になりますが、そのほかの動物の胎盤と聞くとより不安に感じるのではないでしょうか。

そこでサプリメントでは一番心配な副作用はあるのでしょうか?

プラセンタは種類によって摂取の方法が異なります。
ヒトタイプは医療機関でしか摂取することができません。
美容クリニックなどで受けることができます。

主に注射という形で摂取するので、ひとによっては注射によるアレルギーなどを感じる人もいます。
即効性があるため、ニキビなどができやすい人もいます。
そのほかの豚タイプや馬タイプも、厳しい基準のもとSPF豚やサラブレットから採取されたプラセンタが使用されています。

厚生労働省が認可したものなので、安全面においては国が認めているものが使用されています。
なので副作用を発症したという症例はありません。
ただし、早く効果が実感したいという思いから摂取量を守らず、過剰摂取してしまう人も多いです。
その結果、ニキビが増えるなどの肌トラブルを発症してしまう人もいます。

このページの先頭へ