植物性

プラセンタは二日酔いにも効果が?

今の時代お付き合いなどでお酒を飲む機会も大変増えてきました。
仕事上どうしても飲まなくてはいけない場合も多々あります。
それ以外でも友達同士で楽しむ飲むお酒や気分転換に飲むお酒など、その日によってアルコールの摂取量も異なります。

今日は飲み過ぎないようにしておこうと思っても、つい気分がよくて飲み過ぎてしまったり、やけ酒をしてしまう場合があります。
そんなお酒の飲み方をしてしまうと、翌日に起こる二日酔いが大変つらくなってしまいます。
二日酔いの症状としては、体がだるく重く感じて思うように動けない、激しい頭痛を訴える人もいます。

また翌日になっても吐き気が残っている人もいます。
その症状の緩和に効果があるのが、プラセンタという成分です。
プラセンタは日本語で胎盤を意味する美容成分です。

美容効果ばかりが注目されがちですが、実は二日酔いにも効果が期待できます。
二日酔いは、アルコールを分解する肝臓に負担がかかり、消化しきれないアルコール分が残ってしまうことで起きてしまいます。
なので肝臓の状態によって二日酔いは発生してしまいます。

プラセンタは肝臓の機能を向上させる医薬品として使用されていました。
なので肝臓の細胞を活性化させ、アルコールの分解を早めてくれます。
この働きによりプラセンタは二日酔いに効果があるといえます。

アルコールの摂取量が多い人は、毎日プラセンタを摂取することで、肝臓を鍛えることができます。
なので今までの量と同じ量でも二日酔いになりにくいと実感する人が多いようです。
また体質的に二日酔いになりやすい人は、プラセンタを積極的に摂取するといいでしょう。

二日酔いだから、しばらく時間がたてば体も平気になると安易に考えてしまいがちです。
しかし、アルコールの摂取量が増えれば増えるほど、肝臓への負担がかかってしまいます。
特に肝臓は沈黙の臓器といわれているので、体に異変を感じたときには肝硬変などの深刻な症状にまで発展してしまう可能性があります。
アルコールが好きな人ほど、毎日肝臓をサポートしてくれる成分を積極的に摂取しましょう。
プラセンタはすでに肝臓病の治療薬としても使用されているので、実績や安心感もあります。

このページの先頭へ