植物性

プラセンタの偽物に注意

アンチエイジングに効果が期待できる成分の一つに、プラセンタの需要がとても高まっています。
その要因の一つにプラセンタは様々な種類があり、摂取方法によって選ぶことができるということです。
プラセンタは胎盤という意味で、受精卵が赤ちゃんとして生まれるまでの成長段階で多くの栄養素を送り出しています。

成長因子が含まれており、細胞分裂を活発にすることで短期で成長スピードが高まります。
動物性プラセンタと植物性プラセンタの2種類があります。
動物性の需要が高く、ヒトプラセンタや馬、豚などがあります。

それぞれ特徴が異なり、摂取方法も異なります。
需要がたかくなればなるほど、価格競争も起き品質が低下してしまう可能性があります。
あまりにも価格的に安価なものは、偽物ではないかと感じる人もいるでしょう。

まずヒトプラセンタに関しては、医療機関でしか摂取することができません。
自由診療になるので、病院によって価格の違いも発生します。
ただし厚生労働省の認可がないと摂取ができないので、安全性が保障されていて偽物などを摂取する可能性はほとんどないといえるでしょう。

偽物で最も気をつけなければいけないものは、馬タイプや豚タイプです。
価格的にも安価なものは原材料をしっかり確認するようにしましょう。
どのような飼育環境のものを使用しているのか、原産国なども注意しましょう。

特にネット販売されているものも多く、商品を実際手にとって購入する場合が少なくなっています。
だからこそ、しっかりとした知識を得て購入するようにしましょう。
またもう一つ気をつけなければいけないこととして、植物性やマリンプラセンタです。

これらのプラセンタには、成長因子の成分が含まれていないものも多いです。
プラセンタという名前が胎盤をイメージさせるため、どれも成長因子が含まれていると勘違いしてしまう場合があります。
中には誇大広告を行っている場合もあるので、植物由来やマリン由来のタイプには注意が必要です。

このページの先頭へ