植物性

プラセンタ注射の即効性

女性は何歳になってもきれいな女性でいたいと思っています。
20代は何もしなくても常に美しい肌で、多少お肌の手入れで手抜きをしてもあまり影響することがありませんでした。
しかし30代になると、だんだん体全体の肌の細胞が衰えを感じてきてしまいます。

それは女性ホルモンなどを含めたいろんな成分が衰えてしまうことで、体の表面にいろんな変化を実感してきます。
老化減少を実感すると、やはり多くの人は昔のような若々しいお肌や体を取り戻したいと感じます。
そこで有効的な美容成分を積極的に取り入れることで、アンチエイジングを期待します。

今アンチング効果として期待できる方法の一つに、プラセンタがあります。
プラセンタは胎盤という意味があり、成長因子が特徴です。
成長因子は受精卵から赤ちゃんとして誕生するまで短期間で細胞分裂を繰り返しています。

その細胞分裂に必要な栄養素をたくさん送り込む為にとても重要な役割を果たしています。
そんなプラセンタには、ヒトプラセンタや豚、馬などの動物性、植物性プラセンタなどいろんな種類があります。
種類によって特徴も異なり摂取方法も違います。

中でも一番即効性があるのが、ヒトタイプを使用したプラセンタ注射という方法です。
この注射は医療機関でしか受けることができません。
主に美容クリニックで摂取することができますが、自由診療なため各病院によって価格が異なります。

プラセンタ注射で使用されるのは、ラエンネックとメルスモンという二種類のヒトプラセンタになります。
更年期障害に効果的なものと肝機能に効果的なものという違いはありますが、美容効果はどちらもあります。
この注射に関しては、摂取する手段や場所によっても値段が異なります。

例えば、点滴で摂取する場合は即効性が高いが、体外に排出するのも早いといわれています。
筋肉注射の場合は、点滴よりも即効性には劣りますが、効果は長続きしやすいといわれています。
また顔などに直接注射を打つこともできます。

気になる部分に直接美容成分を与えることができ、即効性も期待できます。
ただ価格的に高価になってしまうというデメリットがあります。
プラセンタ注射は、そのほかの摂取方法に比べて即効性があることは確かです。
目的に応じて一番適した手段を選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ