植物性

植物性プラセンタって何?

今多くのサプリメントが発売されています。
サプリメントの中でも美容系サプリメントやダイエット系サプリメントはとても人気が高く、種類も豊富に販売されています。
そんな美容効果が高い成分の一つにプラセンタがあります。

プラセンタは日本語に訳すと、胎盤という意味があります。
胎盤は哺乳類にしかない特殊なものです。
受精卵が子宮に着床し、赤ちゃんとしてこの世に生まれるまで、胎盤から必要な栄養素を吸収しています。

多くの細胞分裂を促進させ短期間で成長させることができるのは、胎盤に含まれれる豊富な栄養素があるからだといえます。
そんなプラセンタは、ヒトプラセンタや豚、馬などの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
そしてもう一つプラセンタの種類に植物性があります。

植物には胎盤はありませんが、子孫を残すうえで胎座と呼ばれる独特の栄養素を蓄える部分があります。
その胎座こそが哺乳類にとっては胎盤と同じものを指しています。
胎座を抽出できる植物としては、大豆や麦、トウモロコシ、アセロラなどが選ばれ、
植物性プラセンタとして使用されています。

一番の違いは、含まれている栄養素です。
動物性プラセンタに含まれている、成長因子が含まれていないということです。
なので細胞の活性化やアンチエイジングの効果が期待できません。

ただしアミノ酸やビタミン類、ミネラル成分は豊富に含まれているので、美容効果はある程度期待できます。
プラセンタという名前が使われていても、効果が全く異なってしまいます。
なのでサプリメントを購入する際には、原材料をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

植物性の場合は、成分を確保しやすいことから低価格で販売されていることが多いです。
価格が安いからといって購入を決めても、植物性であれば思ったような効果が期待できない場合が多いです。
プラセンタについての正しい知識を学んでから購入する方がいいでしょう。

このページの先頭へ