植物性

プラセンタって高くない?

今美容効果が期待できる商品がたくさん発売されています。
そんな美容効果が高い成分の一つに、プラセンタが注目されています。
美容に興味がある人は必ず聞いたことがある成分の一つです。

プラセンタにはいろんな種類があります。
例えば、ヒトプラセンタや豚、馬、羊などの動物性、植物性などがあります。
最近では需要も高まり、マリンプラセンタなども開発され販売されるようになりました。

プラセンタとは、そもそも哺乳類の胎盤のことを指します。
胎盤は妊娠している母体と赤ちゃんをつなぐ大事な役割をしています。
胎盤を通じて栄養素を吸収していき、短期間で細胞分裂を活発に行っていきます。
動物の中には出産後に自分の胎盤を食べて体力回復をするほど、栄養素が高いといいわれています。

そんなプラセンタにはいろんな種類があり、価格も異なります。
ヒトタイプに関しては、医療機関でしか摂取することができません。

一回当たり1500円から2000円前後ですが、顔に注射する場合などはもっと価格が高くなることが多いです。
毎回病院に通う必要もりますが即効性は一番高位代わりに、持続性がないという特徴があります。
効果を保つためには1カ月に数回摂取しなくてはいけないので大変です。

その他の摂取方法は、サプリメントが多いです。
サプリメントも希少価値が高いものの方が価格も高くなります。
一番高額なものとしては、馬プラセンタです。

馬は年間で1度しか出産しないので、確保することがとても難しいです。
その分栄養素も高く豚タイプには含まれていない必須アミノ酸が6種類あり、アミノ酸含有量も300倍近くあります。
馬タイプはサラブレットなどから抽出されているものも多く、飼育管理が徹底されています。
なので高額なものが多いです。

羊プラセンタは、日本での製造が認められていません。
なので海外で育てられた羊の胎盤を加工したものを輸入して商品化させています。
海外からの輸入が必要なため価格も高くなってしまいます。

最後に豚プラセンタは比較的にやすく手に入れやすいといわれています。
豚は年間に2回から3回出産します。

なので多くのプラセンタを抽出することが可能です。
その分価格も安く抑えることができます。
豚タイプでも一カ月当たり一万円ぐらいかかるものが多いので、サプリメントとしては高額だといえます。
サプリメントは継続して使うことで本来の効果が期待できます。
なので経済的に無理なく使用できるものを選んで摂取吸うことがおすすめです。

このページの先頭へ